早めの受診

突発性難聴が発生した場合、早期の治療を行うことで改善が早くなると言われています。1カ月過ぎた場合は、治療が難しく改善に時間がかかることもあるようです。早めの受診が大切です。

突発性難聴の治療法

突発性難聴は、副腎皮質ステロイド薬、ビタミンなどの薬物を使用した療法を中心に行います。また、特殊な方法として高圧酸素療法や星状神経節ブロックという手法を使うこともあります。

治りやすい人

突発性難聴は年齢が若い人や、めまいを伴っていない人、糖尿病や高血圧等の内科疾患がない方の場合、治りやすいといわれています。また、症状を自覚したら耳鼻咽喉科の専門医の診断を受けることが大切です。

聞こえなくなったら

突発性難聴という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
突発性難聴とは、文字の如く、突然生じる難聴です。大抵の場合は片耳が聞こえなくなることが多いようです。
まれに、両耳で発生することもあるようです。
耳鳴りやめまいを伴うこともあり、ひどいめまいだと、吐き気があることもあります。

突発性難聴の原因はまだわかっていません。
内耳の蝸牛がなんらかで障害を受けて発生する難聴とかんがえられているようです。
なぜ内耳に障害が起きるかは研究段階で、内耳に血液が届かず、機能不全になるという内耳循環障害説があります。
また、ステロイド剤が有効なのでウイルス感染なのではないかという説もあります。
年齢や男女比もバラバラで、近年病気の認知度があがってきたため、患者数も増えている傾向があります。
家族の傾向や、遺伝の傾向もないようです。

突発性難聴が発生した場合、耳鼻咽喉科で耳のX線検査や聴力検査が必要になります。
耳鳴りやめまいのチェックや、耳の視診検索で外耳道に閉塞がないことや、鼓膜に異常がみられない場合は突発性難聴と診断されます。
なお、聴力の改善や悪化を繰り返すことはなく、繰り返し症状が変わる場合には別の病気の可能性があります。
突発性難聴の可能性が疑われたら、耳鼻咽喉科を早めに受診し、治療を受けることで改善につながります。
特に、早めに治療を行うことで、改善をおこなうことができます。時間が経過した場合、改善が望めないことがあります。
遅くても発生から2週間いないに治療をすることが望ましいです。